効果倍増?オリゴ糖とヨーグルトの相性が良い理由

Pocket

オリゴ糖とヨーグルトは相性抜群

腸まで行き届くビフィズス菌が多く含まれているヨーグルトを食べる時にオリゴ糖を摂ると効果が高い…?と聞いたことはありませんか。

これは本当で、オリゴ糖とヨーグルトは最強の組み合わせなのです。

今回は、オリゴ糖とヨーグルトの相性が良いと言われる理由とオススメヨーグルトをご紹介します。

ヨーグルトは便秘解消の代表的存在

女性を中心に健康や美容のため毎日ヨーグルトを食べる人は多いと思います。ヨーグルトは健康な食品として知られていますよね。

そんなヨーグルトには、整腸効果のあるビフィズス菌が多く含まれています。ビフィズス菌が増えることで、体に悪影響を与える悪玉菌の抑制につながります。

また免疫力向上効果もあるので、健康・美容ともに多くの人に愛用されている健康品です。

実際、腸まで届くビフィズス菌は少ない

どんなにビフィズス菌があっても、腸までしっかり届かなければ意味がありません。ビフィズス菌は酸に弱い傾向があるので、腸に届くまでに多くのビフィズス菌が死んでしまいます。体に良いヨーグルトを食べているのに、生きた状態で腸まで届かなければ本末転倒ですね。

そこで、ビフィズス菌を増やすためにオリゴ糖が必要なのです。ビフィズス菌などの善玉菌の餌となるオリゴ糖は、腸の中でビフィズス菌の繁殖を促します。

オススメは無糖ヨーグルト

オリゴ糖はあくまでも糖です。ヨーグルトに含まれる糖とオリゴ糖をダブルで摂取するのは、たとえカロリーが低いとはいえなんだか微妙ですよね。そこで、無糖ヨーグルトに砂糖の代わりとしてオリゴ糖を使うのが理想です。

また、特定保健用食品(トクホ)のヨーグルトには、腸まで行き届くビフィズス菌が多く含まれていることが多いので、これも覚えておきましょう。

いかがでしたか?今回は、オリゴ糖とヨーグルトの相性が良いと言われる理由について紹介しました。ヨーグルトだからどれでもいいということではなく、無糖ヨーグルトかトクホマークのあるものをチョイスすることでより高い効果が期待できます。

The following two tabs change content below.
ウキシマコウヘイ

ウキシマコウヘイ

ポーランドと日本を拠点とするWebライター。 欧州の食文化に関心が強く、とにかくよく噛み素材を楽しむ食事法を意識している。仕事終わりにジムで汗を流すのが日課。特に有酸素運動には強いこだわりがあり、新たな呼吸法をマスター中。

SNSでもご購読できます。