最近イライラが気になる。そんな時にも使えるキシロオリゴ糖ってなに?

Pocket

妊娠中のあなたや、なんだかイライラするというあなた。最近カルシウムを意識して食事をしていますか?

現代人はカルシウム不足といいますが、毎食カルシウムを意識した食事というのも難しいですよね。

実は、食事のカルシウムを効果的にとれるオリゴ糖があるんです。

今回はイライラが気になる方にうれしい、カルシウムの吸収を助けるキシロオリゴ糖をご紹介します!

キシロオリゴ糖って?

難消化性オリゴ糖のひとつでもあるキシロオリゴ糖。

難消化性とは、消化をしにくいということ。

小腸で吸収されずに大腸まで届きやすいので、ビフィズス菌のエサになり、腸内環境を良くしてくれます。

そんな腸内環境を整えるお手伝いもしてくれるキシロオリゴ糖は、タケノコやとうもろこしに入っている、キシランという成分を分解するとできます。

こちらのキシランは、キシリトールの原料にもなっているんですよ。

キシリトールの原料だけあって、キシロオリゴ糖は虫歯にもなりにくいオリゴ糖なんです。

ただ食べているだけなのに、腸内環境を良くして虫歯にもなりにくいのはうれしいですよね。

カロリーは砂糖の約半分

キシロオリゴ糖のカロリーは、お砂糖の約半分。

また難消化性オリゴ糖のため、血糖値も上がりにくいんです。

健康診断で血糖値が気になった、ちょっとダイエットをしたいというときにもピッタリですね。

カルシウムの吸収を高める効果が!

キシロオリゴ糖は、うれしい効果がたくさんある上に、さらにカルシウムの吸収を高めてくれる効果もあるんです。

最近なんだかイライラする、妊娠中だからカルシウムを多く取っておきたい…という時には、ぜひキシロオリゴ糖をどうぞ。

カルシウムを意識していて、オリゴ糖選びに困っていうという方も、こちらのキシロオリゴ糖がオススメです。

牛乳に溶かしたり、ひじきの煮物をつくる時にも、砂糖の様にキシロオリゴ糖で味付けをすることができる上に、カルシウムの吸収が高まりますよ。

現代人は、カルシウムの食事をとらなくなったといわれています。だからこそ、意識をしてカルシウムと、キシロオリゴ糖を取っていきたいですね。

The following two tabs change content below.
こはしゆず

こはしゆず

フリーのWebライター。 ストレスから大人のアトピーになり、薬を使って症状を抑えていた。ヨーグルトとオリゴ糖を習慣にし、薬を使わずアトピーを緩和した経験あり。

SNSでもご購読できます。