喫煙者に朗報?禁煙中に「オリゴ糖」が選ばれている納得のワケ

Pocket

昨今の健康志向の流れを受け、喫煙者の中にも禁煙しようとしている人が増えています。

では、禁煙している人にとっても「オリゴ糖」は積極的に摂るべき食品だと思いますか?

その答えは……「イエス」なのです。

「禁煙したらお通じが悪くなった」という声も耳にしますが、「オリゴ糖」によってこのお悩みにアプローチしている人も少なくありません。

今回は、禁煙に取り組んでいる人にも「オリゴ糖が適している」と言われている理由に迫っていきましょう。

禁煙するとお通じが悪くなるのには理由があった!?

「禁煙してからお通じの調子が悪い」という声もよく耳にします。

習慣を変えることで、便通の状況が変わる人は特段珍しくありません。

ニコチンによる血管収縮作用があると、排便を促す働きが生じやすいとされているので喫煙をするとお通じが出やすくなるのには根拠があると言われます。

タバコをやめると便秘しやすい理由としては、この血管収縮作用がなくなるので一時的に「お通じが悪くなった」と感じる人もいるのです。

ただし、言うまでもなくニコチンには有害な働きがたくさん潜んでいるために、お通じのためだけに喫煙をし続けるのは得策ではありません。

そこで、「オリゴ糖」の出番というわけです。

「オリゴ糖」で腸内環境から改善!?

「オリゴ糖」は体内に取り込むと、ビフィズス菌など善玉菌のエサとなり町内環境を整えてくれる働きがわかっています。

ですので、禁煙によって不安定になっているお通じに対しても、アプローチしていける効果が期待できます。

「禁煙したら、排便機能が衰えた」と感じるならば「オリゴ糖」のパワーを借りて、腸内環境からの改善を狙うこともできるのです。

便秘薬ではないので、即効性を感じる人もいれば続けてこそ効果を実感できる人もいるはずですが、タバコを続けるよりもはるかに健康的な習慣に。

腸内の環境が整ってくると、お通じの状態も良くなると言われます。

「オリゴ糖」には便秘改善効果があるという説が有力なだけに、「禁煙すると便秘になりやすい」というお悩みにも応えてくれる食品として人気があります。

 

今回は、禁煙に取り組んでいる人に「オリゴ糖が適している」と言われている理由に迫りましたが、いかがでしょうか。

タバコの習慣をやめると、一時的ではあるもののお通じが不安定になる人は多いもの。

腸内環境を整えられれば、1日でも早く快適な便習慣に戻せそうなだけに、「オリゴ糖」を選ぶ人が多いのも納得ですよね。

The following two tabs change content below.
並木 まき

並木 まき

一般社団法人 時短美容協会 代表理事。 女性が本来もっている美しさを、最小の手間で最大に引き出す活動を続けている。出版社が運営するメディアで、美容ライターとしての執筆も多数。時短美容メソッドの講演活動も精力的に行っている。一般社団法人 時短美容協会では美容による社会貢献事業を展開。
Pocket

SNSでもご購読できます。