オリゴ糖と深〜い関係の「ビフィズス菌」ってどんな存在?

Pocket

「オリゴ糖」をより効果的に摂取しようと思うと、気になり始めることのひとつは、ビフィズス菌との関係です。

俗に、「オリゴ糖」を体内に取り込むと、腸内で善玉菌のエサとなりビフィズス菌の増加にも一役買ってくれる効果があると言われますよね。

でも、どんな風に一役買ってくれるの!? ビフィズス菌ってどんな菌!? いろいろな疑問にぶつかります。

今回は、「オリゴ糖」とビフィズス菌の関係を、もう少し詳しく見ていきましょう。

「オリゴ糖」を食べると体内でビフィズス菌が増える!?

カラダに良いと言われるビフィズス菌は、便秘や下痢などお腹の症状に深~い関係があります。

ビフィズス菌は、言わずと知れた俗に言われる“善玉菌”の一種で、体内に増えると腸内の環境が整い、お腹を健康に保ってくれる働きを有しています。

しかし、同時に胃酸に弱い性質も持つために、ビフィズス菌配合の食品をたくさん食べても、すべてが腸に届いてくれるわけではありません。

そのため、体内のビフィズス菌を意識的に増やすことができれば、手軽にお腹の調子を整えてくれるコツにも繋がるというわけです。

実は、ここに「オリゴ糖」が腸内環境を整えてくれると言われる大きな理由があります。

冒頭にお伝えした通り、「オリゴ糖」はビフィズス菌のエサとなって、増殖させる手助けをしてくれる食品。

つまり、「オリゴ糖」を食べると腸の調子が整うと言われる背景には、ビフィズス菌との存在は切っても切れないお話です。

もともと胃酸に弱い性質があるビフィズス菌を、効果的に増やすために「オリゴ糖」というエサをあげ、腸内に善玉菌を増やし、お腹の調子を健康にしていこうというわけなのです。

 

「オリゴ糖」は腸のアンチエイジングにも最適!?

また、ビフィズス菌は年齢を重ねるごとに減ってしまうものでもあるので、腸のアンチエイジングを意識する人にとっても、「オリゴ糖」はピッタリの食品だと言われています。

巷には、アンチエイジングのための薬品も豊富ですが、「オリゴ糖」は自然界にも存在する天然成分だけに、安心していただける食品でもありますよね。

ケミカルなものを摂るよりも、できるだけ自然な方法でアンチエイジングを意識していきたいという人にとって、「オリゴ糖」は頼もしい存在にもなっています。

 

今回は、「オリゴ糖」と深い関係を持つビフィズス菌についてご紹介しました。

「オリゴ糖」には、胃酸に弱く増殖しにくいというビフィズス菌の欠点を補ってくれるかのような働きも期待できるなんて、非常に心強く感じませんか?

The following two tabs change content below.
並木 まき

並木 まき

一般社団法人 時短美容協会 代表理事。 女性が本来もっている美しさを、最小の手間で最大に引き出す活動を続けている。出版社が運営するメディアで、美容ライターとしての執筆も多数。時短美容メソッドの講演活動も精力的に行っている。一般社団法人 時短美容協会では美容による社会貢献事業を展開。

SNSでもご購読できます。