「オリゴ糖」を酢の物に活用するアレンジバリエーション3つ

Pocket

せっかく「オリゴ糖」がご家庭にあるなら、調味料として使用するアレンジに慣れておくと、毎日の食事にも自然に取り込みやすくなります。

たとえば、酢の物の味付けなどお酢を使った家庭料理に「オリゴ糖」を用いると、そのままでもヘルシーなお酢メニューが、さらに健康を意識したお料理になります。

夏場はとくに、サッパリしたお食事が食べやすいですよね。

フードアナリストの筆者が、「オリゴ糖」でお酢を使用したメニューをアレンジする方法を3バリエーションお伝えしましょう。

1:甘酢漬け

ミョウガやキュウリなど、野菜を甘みの強いお酢に漬けたメニューは、サッパリしているので夏の箸休めとしても人気があります。

次の配合割合で、お砂糖の代わりに「オリゴ糖」を使って、甘酢漬けの漬けだれを作ることができます。

·酢《大さじ1》に対してオリゴ糖《大さじ1》

ここに塩を少々加えて、お好みの味に整えてください。

 

2:三倍酢

酢の物のタレとして使える三倍酢も、お砂糖の代わりに「オリゴ糖」を使って作ることができます。

配合の割合は次のようになります。

·酢《大さじ1》に対してオリゴ糖《大さじ1》と醤油《大さじ1》

全てを1:1:1の割合で混ぜれば、「オリゴ糖三倍酢」の完成です。

使用する「オリゴ糖」の甘みにもよりますが、通常の三倍酢よりも素材の味が楽しめる風味になります。

 

3:寿司酢

チラシ寿司や手巻き寿司など、ご自宅で寿司酢を作るときには次の配合割合に気をつければ、手軽に「オリゴ糖」の寿司酢が完成します。

·酢《大さじ2》に対しオリゴ糖《大さじ1》

お砂糖を加えるよりもやや酸味の強い寿司酢になりますので、お好みでお酢の量は少なめに調節してもいいでしょう。

また、最後には塩を少々加えて、味を整えてからご飯に混ぜていきましょう。

「オリゴ糖」はお酢の半量が目安ですが、人数に合わせて1人分あたり大さじ1は超えないようにしたほうが、摂りすぎを防げます。

 

今回は、「オリゴ糖」を酢の物などのお酢を使用したメニューに活用するアレンジを3つのバリエーションでご紹介しました。

このほかにも、お砂糖を使うべきところを「オリゴ糖」に置き換えるだけでアレンジの幅は広がります。

お酢と「オリゴ糖」の相性は、思いのほか好相性。「オリゴ糖」を使用したお酢のお料理は、甘さが苦手な人でも食べやすいであろう爽やかな甘みが特徴です。

お砂糖を使用するよりも甘さは控えめに仕上がりますので、食欲が落ちる夏場でもサッパリいただけるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
並木 まき

並木 まき

一般社団法人 時短美容協会 代表理事。 女性が本来もっている美しさを、最小の手間で最大に引き出す活動を続けている。出版社が運営するメディアで、美容ライターとしての執筆も多数。時短美容メソッドの講演活動も精力的に行っている。一般社団法人 時短美容協会では美容による社会貢献事業を展開。

SNSでもご購読できます。