「オリゴ糖」とマヨネーズで作る…野菜と相性バツグンなディップ

Pocket

オリゴ糖を使ったお料理のバリエーションが多ければ、飽きずに続けていくコツにもなりますね。

「オリゴ糖」の甘さはお砂糖に比べて格段に低いので、普段のお料理に加えていきやすいのも魅力のひとつ。

そして、不思議なくらいお野菜にもよく合う風味なのです。

そこで、フードアナリストの筆者がお野菜によく合う「オリゴ糖」のスペシャルディップの作りかたをご紹介します。

お野菜にピッタリ!「オリゴ糖」ディップ

意外だと思うかたもいそうですが、「オリゴ糖」の甘みとマヨネーズの風味は驚くほどによく合います。

ほのかな甘みなので、マヨネーズの酸味を邪魔することなくまろやかさを加えてくれるから、お野菜にもよく合うディップに。

準備するものは、以下の材料です。

(1)液体状の「オリゴ糖」・・・小さじ1

(2)味噌・・・大さじ1

(3)マヨネーズ・・・大さじ2

(4)クリームチーズ(お好みで)・・・小さじ1

これらの材料をよく練り合わせれば、野菜によく合う「オリゴ糖」ディップの完成です。

クリームチーズが入ると、コクと風味が増しますが、マヨネーズっぽい風味がお好きな場合には、なくても美味しくいただけます。

また、味噌とマヨネーズの分量はお好みのテイストに調整できますので、ご自分の黄金比率を見つけるお楽しみもありますよ。

まろやかなのにこってりした質感のディップは、幅広い野菜に好相性です。

簡単に作れるのに、いつものお野菜がランクアップするので重宝するディップをぜひバリエーションに加えてみてください。

そして、このディップは野菜につけるだけじゃもったいない…!

 

「オリゴ糖」ディップのオーブンアレンジ

できあがったディップは、グラタンの上にかけたり、貝類など野菜以外の食品の上にかけてオーブンに入れ、“焼き物”にするアレンジも可能。

もちろん、野菜の上に乗せてオーブンで焼いても美味です。

いつものお野菜料理が、ちょっとおめかししたようにランクアップしたおかずに早変わりです。

ただし、「オリゴ糖」は熱に弱いものもあるので、オーブン料理に使う場合には、熱に強いと言われている「ガラクトオリゴ糖」や「イソマルトオリゴ糖」を選ぶようにしてくださいね。

 

今回は、「オリゴ糖」を使ってお野菜を美味しくいただける手軽なディップのアレンジをご紹介しました。

控えめな甘さが特徴の「オリゴ糖」は、幅広いお料理で重宝しますので、ぜひ色々なお料理に応用してみてください。あなたもきっと、お気に入りのレシピを見つかるはずです。

The following two tabs change content below.
MAKI

MAKI

「フードアナリスト。時短美容家。 多くの美容メディアで執筆する美容ライターとしても活躍。ヨガインストラクター有資格者でインナービューティケアにも詳しい。」
Pocket

SNSでもご購読できます。