妊娠中でも使用可能!オリゴ糖の1つでもあるフラクトオリゴ糖って?

Pocket

砂糖の半分のカロリーで、同じオリゴ糖のひとつであるフラクトオリゴ糖。

加熱しても大丈夫だから、煮込み料理にも使えるのが嬉しいですね。

今回は毎日使えてとっても便利なフラクトオリゴ糖と、特徴や注意点をご紹介です!

ーーー

フラクトオリゴ糖って?

オリゴ糖のひとつであるフラクトオリゴ糖。
そのフラクトオリゴ糖で市販されているものの原料は、砂糖からできています。

フラクトオリゴ糖の成分は、タマネギやアスパラガスなどの野菜、バナナなどの果物、ハチミツにも含まれているんです。

天然にもある成分だから、安心ですね。

フラクトオリゴ糖の嬉しい点は、小腸では成分が吸収されないので大腸まで届くんですよ。

吸収されにくいということは、カロリーにもなりにくいということ。
実際のカロリーは、砂糖の半分のカロリーで、1gあたり2kcal。

甘いものが欲しいけど、ダイエットをしたいという時にもピッタリです。

フラクトオリゴ糖の1日の目安量は3~8g、大さじ2分の1くらいが適量となっています。

こちらは商品によって変わることもありますので、パッケージの量を参考にしてくださいね。

妊娠中でも使える強い味方!

フラクトオリゴ糖は妊娠中でも使うことができます。

薬が使えない妊娠中の便秘に、食品で解消できるのはうれしいですよね。

妊婦さんの約50%が便秘を経験したことがあるとのこと。そんなときには、このようなオリゴ糖を使ってみてもいいですね。

もちろん妊婦さんじゃなくても、フラクトオリゴ糖は便秘解消に効果があります。

便秘に困ったときは、思い出してみてくださいね。

料理にも使いやすい!

スッキリとした甘みがあり、他の食べ物の味を変えません。

味の癖がほとんどありませんので、料理などにも使いやすく、砂糖の様に使うことができます。

甘みとしてはガラクトオリゴ糖よりも強いので、少量でも甘さがあります。

ただし、ジャムや酸性の長期保存をするよう料理には向いていません。そこだけご注意くださいね。

またオリゴ糖の特徴で、砂糖よりも虫歯になりにくいというメリットも。

お子さんに与えるお菓子の砂糖が気になるときは、オリゴ糖の使ってあるものを与えるか、オリゴ糖入りのお菓子を作ってみてもいいですね。

 

フラクトオリゴ糖、いかがでしたか?

甘さが砂糖と近いため、毎日使いにもぴったり。妊娠中で便秘が気になる人には特におすすめです。

ちょっとおなかの張りが気になるときにも、ぜひ試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
こはしゆず

こはしゆず

フリーのWebライター。 ストレスから大人のアトピーになり、薬を使って症状を抑えていた。ヨーグルトとオリゴ糖を習慣にし、薬を使わずアトピーを緩和した経験あり。

SNSでもご購読できます。