「オリゴ糖習慣」に加えたい顔が華やぐフェイスマッサージ3つ

Pocket

「オリゴ糖習慣」でインナービューティを意識しつつ、デトックスにも関心がある人に最適なのが、“フェイスマッサージ”。

「オリゴ糖」によるデトックスがうまくできると、顔色もパッと華やいだように感じますが、そこに外側からのアプローチもプラスしてみると両輪で働きかけることができます。

せっかくですのでこの機会に、内側からは「オリゴ糖」でデトックス、外側からは丁寧なマッサージを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

今回は、「オリゴ糖習慣」に加えていきたいカンタンなフェイスマッサージをご紹介していきましょう。

1:タッピングマッサージ

「オリゴ糖」でデトックス効果を狙いつつ、顔の血行をアップさせられれば、肌ツヤも一層アップが狙えます。

お肌の血行を促してくれるのは、血行を刺激するタッピングマッサージ。

両手の5本の指を使い、指の腹で優しく目の周りを避けてトントンと叩いていきましょう。

優しい刺激によって、血行が促されるので顔色が良くなる効果やツヤがアップする作用が期待できます。

30秒ほど優しくタッピングしてみてください。

 

2:こめかみマッサージ

こめかみを優しく刺激するマッサージ法にも血行促進効果があり、手軽にできる方法のひとつ。

手をこぶし(グーの形)にし、こめかみを優しくプッシュするとじんわりとした感覚を感じる人も多いはず。

“こめかみ”には「太陽のツボ」と呼ばれるツボもあり、これは疲労回復効果が見込めるツボですので、血行促進だけでなく「疲れたかな」というシーンでのリフレッシュ作用も期待できますよ。

1回に5秒ほどかけて、ゆっくりと圧をかけていきましょう。

 

3:アイマッサージ

最後にご紹介するのは、目元をじんわりと刺激するアイマッサージ。

目の周りの皮膚はとても薄いので、刺激しすぎないように優しく刺激していきます。

目を閉じたら、両手の5本の指先で、まぶたの上から優しくプッシュ。ゆっくり押してゆっくり離します。

強く押しすぎてしまうと刺激が強すぎるので、ほんの少しだけ力を入れて軽い圧を与えましょう。

血行が刺激され、目の重さが軽減されるマッサージです。1度に3秒ほどかけて、軽く押すのがコツです。

 

今回は、顔色をパッと明るくしてくれるカンタンなフェイスマッサージを3つご紹介しましたが、いかがでしょうか。

マッサージのバリエーションがあると、道具もいらず、思い立ったときにできるので手軽に顔をケアできますよね。

内側からは「オリゴ糖」、外側からはマッサージで、手軽にデトックス&血行改善を狙っていきましょう。

The following two tabs change content below.
並木 まき

並木 まき

一般社団法人 時短美容協会 代表理事。 女性が本来もっている美しさを、最小の手間で最大に引き出す活動を続けている。出版社が運営するメディアで、美容ライターとしての執筆も多数。時短美容メソッドの講演活動も精力的に行っている。一般社団法人 時短美容協会では美容による社会貢献事業を展開。
Pocket

SNSでもご購読できます。