「ドローイン」でお腹をへこませるダイエットにチャレンジ!

Pocket

「最近お腹周りが気になる」「下っ腹がぽっこりしているのをなんとかしたい」そう思ってダイエットのためにオリゴ糖を積極的に取り入れている人も多いことでしょう。

しかし、「運動」でのダイエットにも同じくらい気を使っている人はあまり多くないかもしれませんね。

運動と聞くとハードなトレーニングや汗だくのランニングを想像するかもしれませんが、今回紹介する「ドローイン」は、ランニングなどよりも簡単にチャレンジできるエクササイズ。その上効果が非常に高いため、ここ数年とても注目されているんですよ。

ぽっこりお腹のダイエットに効く「ドローイン」とは

ドローインは英語で「Draw in」。「引っ込める・引き込む」などという意味で、その名のとおり「息を吸うと同時にお腹を内側にぐっとへこませ、キープする」というシンプルなエクササイズです。

これを1日3セット程度から始め、毎日10回程度できるように少しずつ回数を増やしましょう。キープするのは10秒程度でいいのですが、慣れてきたら20秒、30秒と増やすと当然ダイエット効果はアップしますよ。

ちなみにドローインはいわゆる「腹筋運動」などで使う筋肉とは違う部分を鍛えるため、ドローインだけを行っていても「腹筋が割れる」という状態にはなりにくいです。注意しましょう。

ドローインのコツ

「お腹をへこませる」ことばかり考えてしまうと背中が丸まって姿勢が悪くなり、正しい位置に力が入らなくなってしまいます。

最初のうちは「お腹をへこませる」というよりも「呼吸を整えてお腹の中心部に力を入れる」ということに意識を向けるといいでしょう。

慣れるにつれてへこませる感覚が掴めてきて、すぐに自然と姿勢も整ってくるはずです。

ドローインのメリット

ぽっこりお腹の解消

ドローインでインナーマッスルが鍛えられると、お腹の下の方に垂れ下がってしまっていた内臓が正しい位置に戻ります。これによってぽっこりお腹が少しずつ解消されます。

姿勢が良くなる

やってみるとわかるのですが、お腹に力を入れると自然と背筋が伸びます。そしてドローインに慣れてくると、背筋が伸びた状態が心地よくなり、普段の生活でもぴんとした姿勢になります。

これによって腰痛の予防などにも効果があると言われています。

いつでもできる

ドローインは仰向け・座位・立位どの状態でも行うことができます。

就寝前、オフィスでの作業中、通勤電車の中など、誰にも気づかれずにエクササイズができるのです。

自分の中で「行きの電車で一駅分だけドローインをする」「朝のメールチェックの時にドローインをする」などと決めておき、毎日続けられる仕組みを作れるといいですね。

 

「運動でダイエット」と聞くとスポーツウェアを着てマットなどを準備して…と思うかもしれませんが、お読みいただいてわかるとおり、ドローインに特別な服や道具は必要ありません。これを読み終わったらそのまま始められますよ。

オリゴ糖生活と併せて「ドローイン」もぜひ生活に取り入れて、ダイエットに弾みをつけましょう!

The following two tabs change content below.
鞠 ようこ

鞠 ようこ

毎朝3時に起きて執筆活動をしている田舎のライター。 幼い2人の娘や激務の夫のため、「健康的な生活」には常に興味津々。最近お腹まわりがちょっと気になっている。

SNSでもご購読できます。