ダイエットのために選ぶべき「オリゴ糖」のポイント2つ

Pocket

ダイエットのために「オリゴ糖」を選ぶのでしたら、いくつか気をつけるべき点もあります。

「オリゴ糖」をカラダに摂り入れると、腸内環境が整いダイエット効果があると言われ、「オリゴ糖ダイエット」なんて言葉もあります。

そして、せっかくダイエットのために「オリゴ糖」を摂るのでしたら、適した製品を選んでいきたいですね。

フードアナリストの筆者が、ダイエット目的で「オリゴ糖」を選ぶ際に意識したいチェックポイントを2つご紹介していきましょう。

1:カロリーが低いものを選ぶ

ダイエットとカロリーは、切っても切れない関係にありますよね。

そして、お砂糖よりはカロリーが低いと言われる「オリゴ糖」をカロリーオフの甘味料として活用している人もいることでしょう。

しかし、「オリゴ糖製品」のカロリーは製品によってかなりの差があり、「オリゴ糖」含有率などによっても、変わってきます。

ショ糖と呼ばれるお砂糖が多く含まれている製品だと、それだけカロリーも高くなります。

そのため、ダイエット目的で「オリゴ糖」を選ぶのでしたら、カロリーにも着目して選んだほうが安心です。

 

2:「難消化性オリゴ糖」を選ぶ

ダイエットのために「オリゴ糖」を食べる目的として、腸内環境を整えお通じを改善したいという人も少なくないはず。

「オリゴ糖」は腸で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれることから便秘の解消に役立ち、ダイエット効果も得られるという説が一般的です。

しかし、「オリゴ糖」の中には「イソマルトオリゴ糖」や「大豆オリゴ糖」など消化性のものもあり、これは文字通り、腸に届く前に消化されやすい性質を持ちます。

「消化性」だからって整腸作用がないというわけではないようですが、「難消化性オリゴ糖」のほうが、胃や小腸で吸収されにくい性質を持っています。

そのため、ダイエット目的で「オリゴ糖」を選ぶ場合には、「難消化性オリゴ糖」を選んだほうが、より安心感が高まる人も多いようです。

 

以上、ダイエット目的で「オリゴ糖」を選ぶ際に意識したいチェックポイントを2つご紹介しましたが、いかがでしょうか。

「こうでなければダメ!」というお話ではないものの、せっかくダイエットを意識しているのでしたら、より効果が見込めそうな製品を選んでいきたいですよね。

それから、どんなにダイエットを意識しているからと言っても、「オリゴ糖」の食べ過ぎはお腹を壊してしまうリスクが高まりますので、くれぐれもご注意くださいね。

The following two tabs change content below.
並木 まき

並木 まき

一般社団法人 時短美容協会 代表理事。 女性が本来もっている美しさを、最小の手間で最大に引き出す活動を続けている。出版社が運営するメディアで、美容ライターとしての執筆も多数。時短美容メソッドの講演活動も精力的に行っている。一般社団法人 時短美容協会では美容による社会貢献事業を展開。

SNSでもご購読できます。