「オリゴ糖が便秘に効く」と言われる理由…2つのポイントとは

Pocket

「便秘にはオリゴ糖がいい!」と言われますが、どんな理由で良いとされているのかは、意外と知らないかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、「オリゴ糖摂取が便秘に効く!」と言われている背景について2つのポイントをご紹介します。

ポイント1:腸内の“善玉菌”を増やしてくれるから

「オリゴ糖」を摂取すると、腸内の“善玉菌”たちのエサとなり増殖を手伝ってくれると言われています。

善玉菌が活動をすると、腸内が弱酸性になり、酸性の環境を苦手とする“悪玉菌”の勢力が弱まるのです。

「オリゴ糖」を摂取して善玉菌を増やすことによって、腸内の悪玉菌を減らす役割が期待できることも、「便秘にいい」と言われる背景のひとつです。

“悪玉菌”が腸内で多くなってしまうと、腸の状態が「腐敗」に偏ってしまい、ガスが発生したり代謝が悪化したりと良いことは少ない半面、“善玉菌”が優勢だと健康のために良い働きをしてくれるのです。

ちなみに、「オリゴ糖」は悪玉菌のエサになることはないそうなので、「悪玉菌に取られちゃうと善玉菌のぶんがなくなってしまうから、多めに取らなくちゃ」なんて考えは不要ですよ。

ポイント2:酸が腸を刺激してくれるから

また、腸内が弱酸性になると、酸が腸を刺激する形で排便を促してくれる働きもあるのだとか!

そして、腸への適切な刺激があると、整腸作用が働きやすくなるために、排便のサイクルが整いやすいと言われています。

「オリゴ糖」を摂取すると、腸内のビフィズス菌(善玉菌)が発酵の過程を経て、乳酸や酢酸などの酸に変わります。

さらに、「オリゴ糖」の効果によって善玉菌が優勢になると、腸内にいる“日和見菌”と呼ばれる菌も体に良い働きをしてくれるので、これらの働きが便秘に効く背景にも繋がってきます。

ちなみに、“日和見菌”とは名前の通りで“善玉菌”にも“悪玉菌”にも味方をしてしまう菌。

腸内で“善玉菌”が優勢になれば“日和見菌”たちも味方に加わることから、良好な健康状態をキープしやすくなるのです。

つまり、腸内でこの“日和見菌”がどちらの味方をするのかによって、腸の健康状態が左右されるために、便秘や下痢などのお腹の不調にも関係してきます。

「オリゴ糖」を摂取して善玉菌を応援してあげる習慣が、便秘解消に役立つ背景は、この“酸”や“日和見菌”の役割も深く関係しているのです。

以上、「オリゴ糖摂取が便秘に効く!」と言われている背景について2つのポイントをご紹介しました。

便秘にお悩みのかたは、上手に「オリゴ糖」を活用してみてください。

The following two tabs change content below.
並木 まき

並木 まき

一般社団法人 時短美容協会 代表理事。 女性が本来もっている美しさを、最小の手間で最大に引き出す活動を続けている。出版社が運営するメディアで、美容ライターとしての執筆も多数。時短美容メソッドの講演活動も精力的に行っている。一般社団法人 時短美容協会では美容による社会貢献事業を展開。
Pocket

SNSでもご購読できます。