オリゴ糖どうやって保存してる? 最適な保管方法は…

Pocket

オリゴ糖の保存方法

美容や健康のためにオリゴ糖を試してみたい人のなかには「どうやって保存すればいいの?」「賞味期限はどのくらいなの?」と疑問に思っている人もいるかと思います。

今回は、オリゴ糖の賞味期限と保管方法をみていきましょう。

 

オリゴ糖の賞味期限はどのくらい?

オリゴ糖は基本的にはお砂糖などの調味料と一緒で長期間の保存が可能ですが、製品によって賞味期限が設けられています。

メーカーによって違いがありますが、粉末タイプは開封して1年程度、液状タイプは2〜3ヶ月と設定されているものが多いです。

 

表示の賞味期限が切れてしまった場合は?

未開封であれば、あまり害は無いと考えられています。ですが、種類によっては、オリゴ糖の腸内環境を整える効果が期待できない可能性がでてきます。

保存期間が長くなると、オリゴ糖が分解されて果糖となってしまうからです。

やはり表示されている賞味期限はきちんと守ることが大切です。

 

開封したオリゴ糖の保管方法は?

では、開封したオリゴ糖はどのように保管すればよいのでしょうか。

オリゴ糖の多くは、常温保存で問題ありません。

しかし、直射日光のあたる窓際や電化製品の近くなど、熱くなりやすい場所は避けましょう。風通しのよい涼しいところが最適な保管場所です。

 

<液状タイプの注意点>

2〜3ヶ月で使い切ってしまうようであれば常温保存でいいのですが、それよりも長く保管したい場合は冷蔵庫で保管しても大丈夫です。

しかし、液状タイプは冷蔵すると固く使いにくくなってしまうことがあります。さらに冷蔵庫内の温度が低すぎると、糖分が結晶化して白濁することも。その場合はキャップをゆるめ、ゆるま湯から徐々に温めて湯煎すると元の液状に戻ります。品質には変化はありません。

また、キャップのまわりについたシロップはきれいに拭き取ってから保管することで、より品質を保つことができます。

 

<粉末タイプの注意点>

粉末タイプは湿気にとても弱いものが多いです。袋のなかで湿気から水分を吸収してしまい、ダマになってしまう場合もあります。

袋の口についてしまった粉末は取り除き、しっかり締めて保管しましょう。湿気に強い保存容器に移し替えるのもいいかもしれません。

 

 

保管方法の注意点をみていきましたが、製品によっても違いがありますので、まずはそれぞれの表示をしっかり確認することがもっとも重要です。

そして、賞味期限はあくまで未開封のものが基準となっていますので、一度開封したらできるだけ早く使いきるように心がけましょう。

オリゴ糖も食品ですから、美味しく食べられたほうがいいに決まってますよね!

The following two tabs change content below.
加藤さと子

加藤さと子

一般社団法人 時短美容協会認定時短美容家。 インナービューティーやコスメについて幅広い見識を有する。「キレイを作るのは内側から」を毎日のモットーに、日々の生活を送っている。

SNSでもご購読できます。