オリゴ糖と食材1つでアトピー改善!薬を使わずに治した方法とは?

Pocket

オリゴ糖と食材1つを食べ続けてアトピーを改善!薬を使わずに治した方法とは?の画像

あなたはアトピーですか?

もしくは、家族や親戚にアトピーの方はいらっしゃるでしょうか?

アトピーは肌のバリア機能が崩れている病気で、特徴的な症状に「かゆみ」があります。

このかゆみですが、蚊に刺された後のかゆい感じがずっと続くようなもの。夜はかゆみで眠れないこともあるほど、とてもつらいです。

今回はそんなつらいアトピーを改善するために、私が行った方法をご紹介。

アトピーじゃなくても、肌の状態が気になるという方、秋の花粉症をお持ちの方も必見ですよ。

アトピー発症から改善まで

私は17歳で青年アトピーを発症しました。

腕や足の関節や首は、ガサガサジュクジュク。

枕や布団にはところどころ血がつくような、中度のアトピーでした。

その時は強いステロイドを使いました。薬を使うと一時的に良くなりました。

しかし、薬を塗らなくなるとかゆみが再発。

かゆみと小康状態のサイクルはいつ治るかがわからず、とてもつらかったです。

その時にオリゴ糖とヨーグルトの組み合わせがアトピーに良いと聞いたので、毎日食べるようにし始めました。

すると3か月くらいでみるみる綺麗な肌になり、パッと見た感じではアトピーだとわからないくらいになりました。

食べ始めてから、薬は使っていませんでした。

そんな私には効果のあったオリゴ糖とヨーグルトの組み合わせ。こんな理由からアトピーに良いとされているんです。

ヨーグルトとオリゴ糖がアトピー改善にいい理由

腸内環境を整えるヨーグルト。

ただ食べるだけでは意味はほとんどなく、ヨーグルトの量を食べ菌の数を取ることが大切だと言われています。

またオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになります。

ヨーグルトによって腸内環境が整われたところに、善玉菌のエサになるオリゴ糖。

だからこそ、ヨーグルトとオリゴ糖の組み合わせは良いとされているんですね。

毎日、食後にヨーグルトを

花粉症の改善にも効果があるヨーグルト。

効果を実感するためにも、毎日続けてみてください。

ヨーグルトの種類は、カスピ海ヨーグルトがオススメです。

カスピ海ヨーグルトは、乳酸菌の量が多く入っているんです。

無糖の物にオリゴ糖をかけて召し上がってくださいね。

もしヨーグルトの酸味が苦手で量を食べられない場合は、オリゴ糖を多めに混ぜたり、フルーツを混ぜてもいいですよ。

今の暑い時期には、氷とオリゴ糖と一緒にミキサーにかけてスムージーにしてもいいですね。

また、1日に取る量は300ccを目安にしてみてください。

ちょっと量が多いかもしれませんが、この量のヨーグルトを食べると、便秘対策、花粉症対策にもなるんです!

300ccを一度に食べることがつらい方は、毎食後100ccずつ食べるなど、つらくない工夫をしてみてくださいね。

 

私はヨーグルトとオリゴ糖の組み合わせがカラダに合っていました。

今悩んでいる方も、ぜひこの組み合わせを試してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
こはしゆず

こはしゆず

フリーのWebライター。 ストレスから大人のアトピーになり、薬を使って症状を抑えていた。ヨーグルトとオリゴ糖を習慣にし、薬を使わずアトピーを緩和した経験あり。

SNSでもご購読できます。